【2017年展望】業界全体は売上増か パイ奪い合うファーストフード業界

【2017年展望】業界全体は売上増か パイ奪い合うファーストフード業界
       

 2016年はファーストフード業界にとってチャンスの年であった。業界全体としての売上は前年比4%増。増える顧客をどう取り込むか、各社で攻防戦が繰り広げられた。17年はどのように業界が動いていくのか、展望を示してみる。


 まず日本マクドナルド<2702>において16年はユーザーニーズを聞き出し、品質を見直す年となった。社長が47都道府県を回り、顧客にヒアリング。品質向上に務めるとともに次々と新商品を販売した。特に年末にかけては「グラコロ」を23年ぶりにリニューアルし、クリスマス用に「チキンマックナゲット クリスマスキャンペーン」を実施。更にはハッピーセットで「妖怪ウォッチ」や「スーパー・マリオ」など人気キャラクターとコラボするなど、攻勢の手は緩めていない。また、「プチ贅沢」を謳ったスイーツ「By McSWEETS」も11月に発売。


 一方でモスフードサービス<8153>も年末にかけて新商品をリリース。「オマール海老のビスク」に「とびきりハンバーグサンド<国産ベーコン&チーズ>」など、モスらしい高級感と素材へのこだわりを前面に出した商品をリリース。更に年始にかけて商品購入に使えるお年玉券とオリジナルグッツが同梱された「モスお年玉セット」を12月26日に販売開始するなど、モスバーガーも年末年始に向けて次々と施策を打っている。


 ただ、こうしてみているとマクドナルドが徐々にモスバーガーの客層も取り込んでいくのではないかと考えられる。前述のように「プチ贅沢」という高級感を打ち出した商品もリリースしているし、「品質向上」を目指す施策を打ち出している。店舗のデザインも従来と比較するとラグジュアリー感が出てきた。従来は「お値打ちなマクドナルド」、「高級路線のモスバーガー」というイメージがあったが、こうした構図が徐々に変化してくことも予想される。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。