2017年、国内「ビールの定義」が変わる。麦芽比率67%以上から、50%以上へ

2017年、国内「ビールの定義」が変わる。麦芽比率67%以上から、50%以上へ

 政府は昨年12月になって、2017年度の税制改正大綱を決定し、そのなかに酒税法改正が盛り込んだ。


 酒税法改正の大きな柱は、ビール系飲料の税率一本化だ。ビール系飲料の現在の税金は、レギュラー缶と呼ぶ350ml缶で、ビールは221円(うち酒税が77円)。発泡酒164円(同47円)、第3のビール143円(同28円)となっている。改正大綱によると10年後の2026年に、ビール系飲料の酒税を一本化して54.24円にするという内容の報告をした。


 今回は、その追加報告である。先述のビール系飲料の酒税一本化と同時に政府が進めているのが、「ビール定義の見直し」だ。現在、酒税法によると、ビール製造(醸造)にあたりビールは原料の「麦芽比率は67%以上」とされている。これを「麦芽比率50%以上」に変更するという。


 麦芽比率を引き下げるのと同時に、主原料のモルト&ホップのほか、これに加える麦や米、トウモロコシやジャガイモ、デンプンなどに限っている副原料に、風味付けなどのために果実や香辛料なども使用できるように変える。ビールの定義を緩和し、多様な商品の開発を促すのが狙いだ。2017年度税制改正大綱に盛り込み、2018年度から実施する。


 ビール酒造組合によると、副原料のなかで米やコーンスターチは、優れたデンプン原料で、濁りの原因になるたんぱく質が少ないという特徴がある。これら副原料を使うと、たんぱく質やアミノ酸などの少ないすっきりとした味わいのあるビールとなる。一方、副原料を使わないビールは麦芽の特徴が強く出た味わいのあるビールとなると解説している。が、この副原料が麦芽の量を超えると、それはビールではなく“発泡酒”と税制上区別されてきた。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年1月7日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。