ガラパゴスな軽自動車規格は、トランプ大統領の口撃ターゲットに。そんななか新型ワゴンR登場

ガラパゴスな軽自動車規格は、トランプ大統領の口撃ターゲットに。そんななか新型ワゴンR登場
拡大する(全1枚)

 ガラパゴスな規格であることから、非関税障壁だと海外メーカーから指摘され、今後はトランプ米大統領から優遇税制撤廃の外圧・口撃が強まるとも予想される日本の軽自動車。


 そんななかで、「軽自動車トールワゴン」の新型がデビューした。新型スズキ「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」である。


 噂されていたストロングハイブリッド搭載は見送られ、マイルドハイブリッド車をラインアップした。これにより軽自動車トールワゴンで最高となる燃費33.4km/リッター(JC08モード)を達成した。


 マイルドハイブリッドは、ISG(モーター機能付発電機)の高出力化とリチウムイオンバッテリーを大容量化し、モーターによるクリープ走行と、幅広い速度域でエンジンをモーターがアシストする。減速して車速が約13km/h以下になり、アクセルもブレーキも踏まない時や、アイドリングストップ後の停車からの発進時に、最長10秒間のモーターによるクリープ走行を可能にした。また、発進から約100km/hまでの加速時に、ISGがモーターアシストを行ないエンジンの負担を軽減することで燃料の消費を抑えるという。


 燃費向上に貢献したのは、軽量化と高剛性を両立した新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の採用も大きい。プラットフォームやボディ、足まわりなどの軽量化で、先代モデル比で約20kgの軽量化を実現している。


 新型は先進安全技術の搭載も自慢だという。スズキ軽自動車初となる単眼カメラと赤外線レーザーレーダーを組み合わせた衝突被害軽減システム「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能と、ヘッドランプのハイビーム/ロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト機能(スズキ軽自動車初)を搭載した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク