マイナビが企業の人材ニーズ調査を発表 採用の意欲や求めるスキルなどが明らかに

マイナビが企業の人材ニーズ調査を発表 採用の意欲や求めるスキルなどが明らかに
拡大する(全1枚)

 大手就職情報メディアのマイナビが「2016年マイナビ企業人材ニーズ調査」を発表した。企業の採用意欲、応募者に求めるスキル、選考ポイントなどについてのアンケートを1,293社に対して実施し、その傾向が明らかとなった。


 この調査は、2016年12月1日~ 27日にかけて、上場企業142社・非上場企業1,151社 に対して行なわれた。業種の内訳は製造業が478社・非製造業が815社で、回答方法はWEBフォーム。回答を寄せた企業は1,293社にのぼった。


 上記の結果によると、何らかの人材の採用意欲がある企業は調査時点で98.1%となった。また、2016年全体の採用充足率(採用予定人数に対する採用実績人数)は新卒採用が88.8%、中途採用が82.0%、契約社員が99.7%となり、調査対象となった企業の採用意欲があらゆる雇用形態において非常に高くなっていることがうかがえた。ただし、それに対して採用できた人数はやや少なく、企業が求める人材に対して十分な応募がなかったと見られる。


 また、「採用にあたって対人スキルと技術的スキルのどちらをより重視するか」との問いに対しては、新卒の場合は9割以上の企業が「対人スキルを重視する」と回答したものの、中途採用の場合は半々となった。新卒者は今後の伸びしろを期待して社交性を重視するが、中卒者には過去につちかった技術を期待して、即戦力となることを求めていると言えるだろう。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク