国立循環器病研究センター、アルツハイマー病の原因物質の蓄積抑制を発表


 一方、今回の国立循環器病研究センターによる研究は、アミロイドβが蓄積して形成される集合体「オリゴマー」が脳内を泳ぎ回って神経細胞のシナプスに作用し、認知機能を低下さえるとの「オリゴマー仮説」に基づいている。研究グループは、脳アミロイド血管症を患うマウスの実験にてアミロイド凝集抑制作用を持つ「タキシフォリン」の投与により、脳アミロイド血管症のアミロイドβオリゴマーの量を1/4程度に減少させることに成功した。さらには、脳血流量が正常と同程度までに回復。空間記憶能も正常に回復したとのこと。このようにタキシフォリンにより脳内アミロイドβが減少するとともに、認知機能障害も回復させられることが明らかしており、臨床応用に期待したい(編集担当:久保田雄城)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク