安倍政権5年の外交「検証の時期」と大串氏

       

 民進党大串博志政調会長は韓国が1昨年12月の慰安婦問題について最終的かつ不可逆的解決での日韓両国政府の合意を検証する作業部会を発足させたことに、1日の記者会見で「安倍政権で、鳴り物入りで合意したと言われたものが、今や風前の灯のようになっている」と懸念した。


 大串政調会長は「慰安婦問題解決へ、日本政府は10億円の出資をしたうえで、このような状況になっている。いったい安倍政権の、この5年間の外交政策は何だったのか。日本にとって成果を挙げたのかを問い直さなければいけない」と提起した。


 また、対北朝鮮への対応についても、大串政調会長は「成果をあげているのか、立ち止まって検証する時期に来ているのではないか」と述べた。


 この日の会見では、8億円の値引きが行われた国有財産売却での森友問題についても言及。「森友学園問題は8億円の国有財産の値引きが適切であったかどうか」が本質の問題であり「この元々の問題を含めて、捜査機関で適切な捜査が行われることを期待する。また国会に身を置く者として解明していきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年8月2日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。