野党共闘を野合とは、あまりに浅はか 志位委員長

 自由党の小沢一郎代表はツイッターで「野党共闘を野合とか批判する声を聞く。あまりに浅はか」と批判は浅はかで、的外れだとの考えを発信した。


小沢代表は「今は権力の私物化が横行する民主主義の危機」と指摘。その状況下では「最悪の政権を倒すため、野党が共闘するのは当たり前で、そうしないと勝てない」と提起。


与党が共闘を批判するのは、それを恐れているから。そもそも野合というなら長年の自公政権の方がよほど野合」と提起した。


 民進党代表に総選挙での共産党との協力に、民進党の候補に支持いただければありがたいとの姿勢の前原誠司氏が就任したことで、野党共闘が何処まで実効性をあげることができるのか、10月22日の衆院補欠選挙(青森、新潟、愛媛)を直前にして、選挙戦をどう戦うのか、民進党を軸とした野党4党のまとまりが注視されている。


 日本共産党の志位和夫委員長はツイッターで「理念・政策が同じなら同じ政党になる。理念・政策が違っても、お互いに相手へのリスペクトの精神をもち、国民が求める緊急の一致点で力を合わせるのが政党間の共闘。『立憲主義の回復』=憲法を守る政治を取り戻すという大義に立脚し、違いの強調でなく、一致点を真剣に探求する。この立場で進もう」と自公政権に対峙姿するために共闘への取り組みを提起している。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

小沢一郎のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「野党共闘を野合とは、あまりに浅はか 志位委員長」の みんなの反応 3
  • 匿名 通報

    よく自民と公明が野合云々という批判を聞くが、 このクソ野党4党の行為こそ本当の野合ではないのか。

    2
  • 匿名さん 通報

    無党派層が共産党との共闘を望まないことを知っているので、前原氏が民進党代表になったと理解している。野党共闘で議員数は増えるが、過半数が取れなければ意味がない。

    0
  • 匿名さん 通報

    共産党は選挙協力程度で済ませれば良い。 共産党と協力しつつも自由党、民進党、社民党が基軸に連携する事が必要だと言える。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「小沢一郎」に関する記事

「小沢一郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「小沢一郎」の記事

次に読みたい「小沢一郎」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年9月8日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。