共産党中央委常任幹部会 総選挙へ臨戦態勢指示

 日本共産党は17日、中央委員会常任幹部会で「臨時国会冒頭解散が極めて濃厚」とし「最短、10月10日公示、22日投票となる」との見方を示したうえで「臨戦態勢をとるよう」呼びかけた。


 また、解散は「森友・加計疑惑の真相究明に蓋をしたまま、憲法改正を狙った党略的な対応」と指摘している。


 日本共産党の常任幹部会は総選挙への党の戦略として(1)比例を軸に、をつらぬき、比例代表で「850万票、15%以上」の目標達成をめざす(2)小選挙区では候補者を擁立したすべての選挙区で勝利をめざすとともに、必勝区に設定した選挙区では議席獲得のために空前の規模で取り組むとしている。


 また(3)野党共闘体制を緊急につくりあげるために全力をあげるとしている。常任幹部会は「様子見に陥ることなく、比例予定候補者、小選挙区予定候補者を先頭に、わき目もふらずダッシュを。そのことが野党共闘を成功させる最大の力になる、と全国の都道府県組織から支部グループにまで呼びかけている。総選挙で自民補完勢力を除いた野党勢力が巻き返しを図れるかどうかは小選挙区での候補一本化が図れるかどうかにかかっている。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年9月19日の政治記事
「共産党中央委常任幹部会 総選挙へ臨戦態勢指示」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    お断り。

    1
  • 匿名さん 通報

    たぶん、野党で一番元気だろうな。議席増やせそうだし、個人的には余り好きじゃないが!

    0
  • 匿名さん 通報

    森友・加計なんて小さい問題はどうでもいい、北朝鮮・中国・ロシアの脅威をどう考えているかだよ 武器を捨てて話し合いなんて無駄なことが主張な党では日本はダメになる

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。