選挙期間中も加計問題は追及していく 桜井座長

 民進党の加計学園獣医学部新設疑惑調査チームの桜井充座長(参院議員)は20日開いた会合で「通常国会をあれだけ早くに閉めたのも、(28日召集の)臨時国会冒頭で解散することにしたのも、まぎれもなく加計学園や森友学園の追及を逃れるためだ」と安倍総理の姿勢を強く批判。総選挙期間中も調査チームとして追及していくとした。


 また文科省担当者に「総選挙のどさくさに紛れて(加計学園の獣医学部新設を認可する文部科学省の大学設置・学校法人審議会=大学設置審=で認可する結論を出すようなことを)行うようなことはないように」と釘を刺した。


 桜井座長は「10月に大学設置審で(新設を認可するどうかが)決まるのだろうが、そこまでの間、きちんと議論していく」と疑惑解明へ取り組むことを示すとともに「どういう結果になろうとも安倍総理の関与は追及していく」との姿勢も明確にした。


 また今井雅人座長(衆院議員)も臨時国会冒頭解散が言われていることには「言語道断だ」と審議拒否の姿勢を批判するとともに「加計隠し・森友隠し解散と言われているがその通りだ。このチームでわれわれが聞いていることを全部選挙の前に明らかにして、そのうえで、国民の信を問うということをやってほしい」と求めた。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年9月21日の政治記事
「選挙期間中も加計問題は追及していく 桜井座長」の みんなの反応 10
  • 匿名さん 通報

    選挙の時は民進党の政策の説明を聞きたい。国会論議と選挙討論をごちゃ混ぜにしてほしくない。政策は無く、森友加計しか無いのだろう。

    11
  • 匿名さん 通報

    間違いなく、どさくさ認可だろうね。既成事実を作ってしまえば、何を言われても開き直れる。自衛隊の米軍共同行動と同じ。

    10
  • 匿名さん 通報

    民進党の政策は安倍政権に採用されて一部実施されているけど、安倍政権の不正は隠蔽されたまま。権力が腐敗している状況を放置するのは国民にとって大きな損失。森友、加計問題の解明が必要。

    10
  • 匿名さん 通報

    政策一つも出す気ないのだけは分かる、出してもやらないのが民主の伝統ですしね

    9
  • 匿名さん 通報

    クソ桜井!議員ヤメロ!

    7
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。