共産と社民が20選挙区で候補一本化に合意

 10月10日公示、22日投開票で実施される衆議院議員選挙(総選挙)は自公政権か、希望の党の政権かの政権選択選挙になる公算が強くなっている。一方、リベラル派の共産・社民は急展開な構図の中で選挙戦を闘うことになる。


 現行憲法の下で平和主義を貫くことこそ必要と憲法9条の改正を許さないとする両党は30日までに11都道府県20選挙区で候補を一本化することで合意した。


 共産党の小池晃書記局長は「我々は市民と野党の共闘の旗をしっかり掲げて前に進む。社民党と力を合わせて一つでも多くの議席獲得に努める」とし、こんふぉ、さらに一本化できるよう調整を進めたい考え。社民党に候補を一本化したところでは候補者を立てない。


 社民党の福島みずほ副党首は「憲法9条(戦争の放棄)を変えて、戦争のできる国になることを、なんとしても止めたい。戦争のできる国は表現の自由を制限し、国民への監視を強める社会。政府への批判は押さえ込まれる。安倍総理が勝てば、来年憲法9条改悪の発議と国民投票がなされるだろう。今こそ、リベラル勢力の結集が必要」とツイッターなどで発信し呼びかけるとともに、危機感を隠していない。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年9月30日の政治記事
「共産と社民が20選挙区で候補一本化に合意」の みんなの反応 4
  • リベラル野党応援 通報

    リベラルな野党は共産党を軸にして結集して行かなければならない。希望の党は政権を取りたいだけの寄せ集め右翼政党。選挙民は新党に踊らされてはいけない。よく考えて投票していく必要がある。

    7
  • 匿名さん 通報

    遅かれ早かれ自民と希望は手を組み、大政翼賛政治が始まる。どれだけリベラルを残しておけるかが大切。

    6
  • 匿名さん 通報

    極左同士の連携。反吐が出る。

    2
  • 匿名さん 通報

    朝鮮系の社民党は無くなれ。故・土井たか子(李高順)、福島瑞穂(趙春元)、又市政治。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。