民進元幹事長代理、希望から出馬に複雑な思い

希望の党公認候補で立候補する玉木雄一郎民進党幹事長代理は3日「今回の決断には複雑な思いがある」とブログに書きこんだ。そのうえで「これまで主張してきたことを変えるつもりはないし、その必要もないと考えている」とした。


 また「今回の合流に向けた判断は、ひとえに、政権交代を実現するためのもの」としたうえで、そのために「小池百合子代表は総選挙に出馬すべき」。「総理になるべき者を明確にして」選挙戦に挑むべきだと主張している。


 玉木氏は希望の党を選択した理由に「小選挙区制度をとっている現在の選挙制度の下では、1対1の構図に持ち込まない限り、与党に勝利し、政権交代を実現することはできない。与野党が伯仲する緊張感のある政治を実現するためには、野党がまとまるしかない」とした。


 また「多様性を重視する穏健リベラル保守の結集を主張してきた」と自らの立ち位置を示し「新党が掲げる寛容な保守は、この私の考えに近いものと理解している。保守二大政党制に向けた第一歩とも考えている」と、玉木氏は保守政党による二大政党制をイメージしてきたもよう。


 一方、安保法制と憲法9条との関係では「10本の法律のうち、ぎりぎり9つの法案については理解できる」とし「武力攻撃事態法の中には、やはり違憲の疑義がぬぐいきれない部分がある」と書き込んだ。そのうえで「憲法に則って運用されなければならない。新三要件を明確化するなど、違憲の疑義がある部分は見直されるべき。これは、ぶれずに主張していく」としている。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年10月5日の政治記事
「民進元幹事長代理、希望から出馬に複雑な思い」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    有権者から嫌われるタイプ

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュース

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小泉進次郎」のニュース

次に読みたい関連記事「小泉進次郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「細川護煕」のニュース

次に読みたい関連記事「細川護煕」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。