「2018年問題」の対応に揺れる企業

「2018年問題」の対応に揺れる企業

 労働契約法の改正に伴い、「2018年問題」が企業内部で重要な意味を持っている。労働契約法とは、その名の通り労働契約に関する規定を定めた法律であり、2012年に改正労働契約法が公布され、18年にその法律の規定が本格化することが「2018年問題」の端緒となる。この労働契約法の改正において最も企業が気にしている部分といえるのが、無期労働契約への転換だろう。18年4月より、非正規雇用の社員を無期雇用に切り替える制度が2018年より本格的にスタートするからだ。


 無期労働契約への転換とは、同一の使用者との間で有期労働契約が更新された場合、それが5年を超えると期間の定めのない労働契約へと転換できる、というものである。この規定は13年4月1日以降に開始する有期労働契約が対象となることから18年4月に本格化するというわけだ。もちろん無期労働契約に転換されたからといって、それが正社員となるとは限らない。正社員にならずに毎年労働契約を更新する契約社員という扱いになる場合もあるだろう。それでも企業側にとっては様々な対応策を考える必要がある。派遣社員やアルバイトなどといった非正規雇用の社員は、いつでも契約を打ち切ることができるというメリットがあり、その自由を手放したくない企業も決して少なくない。


 企業側の対策のひとつが有期労働期間が5年を超えないうちに契約を終了する「雇い止め」である。5年を経過する前に契約を終了することで無期労働契約への転換を回避することができる。人手不足になる可能性もあるが、それよりも自由に人員を調整することができる仕組みの方を優先したいという考え方だろう。また、この無期労働契約の対象となるのは企業と直接契約をしている社員のため、派遣会社から社員を派遣してもらい、この5年ルールを回避するという動きもある。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2017年11月13日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。