安倍総理 憲法改正に強い思い滲ませる

安倍晋三総理が改めて憲法改正に意欲を示し、憲法議論の機運が高まるよう期待していることを内外情勢調査会での講演で強く滲ませた。


 講演で安倍総理は「憲法は国民投票によって決まる。国民の皆さんが決めるのが憲法だ」としながらも「国会は(憲法改正を)発議するのが役目」とし「そのために大いに議論を深めていく必要があると思っている」と述べた。


 安倍総理は「オリンピック・パラリンピックが開催される2020年、日本が大きく生まれ変わる年にするきっかけとしたい」と述べ「新しい時代の幕開けに向けた機運が高まる時期であるからこそ、憲法について議論を深め、国のかたち、在り方を大いに論じるべきだと思っている」とスケジュールありきではないが、憲法の議論が活発になることを期待する気持ちをうかがわせた。


 安倍総理は「スケジュールありきではない。憲法を改正するかどうか、する場合、どこを改正するのかは国民投票で国民の皆様が決められる。与党野党の別を問わず、それぞれの党がそれぞれの意見、具体的な案を持ち寄って、憲法審査会の静かな環境の下で議論を深めていただければと思っている」と述べた。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

安倍晋三のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「安倍総理 憲法改正に強い思い滲ませる」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    国民投票はあくまでも「承認」(憲法96条)するかしないかだから、実質的な可否は国会に委ねられている。国会議論を軽視し国民投票さえ通れば良いという姿勢は、正しくないし危険だ。

    3
  • 匿名さん 通報

    政権の横暴を抑止するための条項改正なら喜んで賛成する。前に出てた自民党の憲法草案なんて絶対反対!!首相公選制にしてくれ!!

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「安倍晋三」に関する記事

「安倍晋三」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「安倍晋三」の記事

次に読みたい「安倍晋三」の記事をもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月21日の政治記事

キーワード一覧

  1. 安倍晋三 Instagram
  2. 安倍晋三 twitter
  3. 安倍晋三 アベノミクス

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。