文政権は「日米より北朝鮮にシンパシー」と石破氏

 石破茂元防衛大臣は韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領の北朝鮮政策に「文政権は何を目指そうとしているのか」と疑問符をつけるとともに「朴槿恵(パク・クネ)前政権時代をすべて否定し、敵を外国に求めることによって求心力を高めようとしている現政権(文政権)の行為を批判する勢力が、韓国内で存在感を持たないことが懸念される」とブログ発信した。文政権が「日米よりも、北朝鮮に対してシンパシーを感じていることは明らか」とも書き込んだ。


 石破氏は「(文政権の対応が)国際常識を大きく逸脱しており、相手にしても仕方がないと割り切ってしまえばそれまでだが、朝鮮戦争がいまだに休戦状態でしかないことを考えると、そうも言ってはおられない」と動向を注視せざるを得ないとの心境を書き込んだ。


 また「韓国の現政権が日米よりも、北朝鮮に対してシンパシーを感じていることは明らか」とし「北朝鮮による朝鮮半島の統一を決してあきらめていない金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が今の状況を最も歓迎しているであろうことも想像に難くない」との見方をしている。


 南北会談が金委員長ペースで動いていることへの懸念もありそうだ。聯合ニュースが14日、北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞が論評したとして伝えた内容では「今後、北南(南北)関係がどの方向に進むかは南朝鮮(韓国)当局の努力にかかっている。われわれの積極的な努力に誠実に応じるべき。誰の顔色をうかがうことなく、対決の障壁を崩して北南関係改善と自主統一の道に進まなければならない」と主張しているという。


 石破氏は「関係各国が共同して韓国政府に強い姿勢で臨む他に事態が改善する見込みはないように思われる」とも提起した。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

石破茂のプロフィールを見る
エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「文政権は「日米より北朝鮮にシンパシー」と石破氏」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    統合したところで日本に対する敵視に変化は無いだろう。大陸側に取り込まれ国とは名ばかりの傀儡と化す。三跪九叩頭の礼が再び半島に席巻する。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

「石破茂」に関する記事

「石破茂」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「石破茂」の記事

次に読みたい「石破茂」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月16日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。