自衛隊による米艦防護、逐次に公表せず、年単位

 小野寺五典防衛大臣は自衛隊法95条の2に基づき自衛隊が米軍等の艦船、航空機に対し防護任務にあたったことの情報公開について、年単位で前年実施分をNSCに報告し、その後に情報公開するとし、実施した直後に逐次に公表する考えのない旨、26日までの記者会見で示した。


 記者団からは、戦闘行為につながる可能性もある極めて重要な案件であるのに、なぜ実施直後に公表しないのか、と繰り返し質問があったが、小野寺大臣は「わが方と米軍の様々な運用が分かってしまうこともある」などと理由をあげ、情報公開に「一定期間を置く」ことを強調した。


記者団が改めて、NSCに報告した直後に国民に公表するのは筋ではないかと質したが「米軍等の活動の影響や相手方との関係がある」などとして「一定期間の中で報告する」の一点張り。


記者団が事前公表や同時進行的な公表でなく、直後に公表する分については運用に関係ないと思うがとしたのにも「防護についての95条の2の運用に関わる指針の中で大臣からNSCに報告した後という形で前年の報告をするという方針を執らせていただいている」と突っぱねた。


 記者団が、指針自体が間違っているのではないか。重要なことだから直後に公表すべきでは、とさらに質したのにも、小野寺大臣は「防衛省ということより、極めて重要なことなので、NSCに報告をし、その中で対応するということだと思う」と逐次に公表する考えのないことを伺わせた。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「自衛隊による米艦防護、逐次に公表せず、年単位」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    要するに、「国土防衛とは無関係に、政府の好きなように自衛隊を使わせろ」ということだね。それで戦争に巻き込まれても国民は我慢しろ、と。

    5
  • 匿名さん 通報

    これまで「行政は間違えるかもしれない」という前提で、それを防ぐための多くの仕組みが築かれ、行政側もそれを甘受してきた。現政権は根拠なき「行政無謬神話」のもと、それらチェック機構を壊し続ける。

    2
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月28日の政治記事

キーワード一覧

  1. 小野寺五典 防衛大臣

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。