SUBARU、ボーイング777X型初号機中央翼が完成、出荷式を実施

SUBARU、ボーイング777X型初号機中央翼が完成、出荷式を実施

 SUBARUは、同社航空宇宙カンパニーの愛知県半田工場において、米国ボーイング社の大型旅客機777X型機の初号機用中央翼の製造、および主脚格納部の組立結合を完了し、中央翼ワークパッケージを完成し、初出荷に臨んだ。


 半田工場は、これまでボーイング社の大型旅客機「777」、中型旅客機「787」、および防衛省の「固定翼哨戒機(P-1)」、「輸送機(C-2)」の中央翼の生産を行なっており、SUBARUの中央翼生産センターから世界的に誇れる新たな中央翼を送り出し、その生産拠点となった。


 777X型機の中央翼ワークパッケージ完成にあたり、2月9日、半田工場においてボーイング社777Xプログラム担当ヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのエリック・リンドブラッド(Eric Lindblad)氏や、777/777Xオペレーション担当ヴァイスプレジデントのジェイソン・クラーク(Jason Clark)氏、経済産業省、中部経済産業局、愛知県、一般財団法人日本航空機開発協会をはじめとする多数の来賓出席のもと出荷式を行なった。


 ボーイング社によると、ボーイング777X型機は2020年にエアラインへの納入が開始される予定だ。ボーイング777X型機は、同社777シリーズの新型機で、787型機開発で得られた、新しいエンジン、新しい複合材翼、新しい技術の投入が特徴だ。


 主要構造部位の約21%の生産を日本企業が担っており、SUBARUのほか川崎重工、三菱重工業、新明和工業、日本飛行機の5社が参画している。


 SUBARUは、ボーイング777X型機の設計開発段階から参画しており、777型機で担当している中央翼および主脚格納部の組立結合、主脚扉と翼胴フェアリング(前部)に加えて、787型機で新たに担当した翼々結合部(Side of Body)を担当している。


 SUBARUは、航空機の完成機生産に加え、中央翼・主翼の開発・製造も主要事業としており、日本国内外の各企業と連携し、半田工場を中央翼生産の拠点として事業拡大を図っていくとしている。(編集担当:吉田恒)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2018年2月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。