立憲「原発ゼロ法案」3月11日迄に国会提出へ

 原発ゼロ社会を公約に掲げている立憲民主党は3月11日までに「原発ゼロ基本法案」を国会に提出する準備を急いでいる。22日までの党エネルギー調査会で、基本法案を了承しており、他の党にも共同提案を呼びかけていく方針。


 立憲民主党は「運転中の原発の速やかな停止」「法施行から5年以内の全原発の廃炉」を目標に掲げている。


 もちろん「原発の再稼働は認めない」。また「使用済み核燃料の再処理は行わない」「廃炉に取り組む電力会社などに必要な支援を行うよう政府に求める」などを盛り込んでいる。


 山崎誠党エネルギー調査会事務局長(党副幹事長、衆院議員)はツイッターで「立地自治体への支援の国の責務明確化、避難計画など安全対策の規定、省エネ30%の根拠、原子力に関わる研究開発の取り扱い、立地自治体の皆さんの生活支援、前文の書きぶり等々、みんなで法案をチェックしている」と発信した。福山哲郎幹事長も原発ゼロ法案を3月11日までに国会に提出すると地方での党の対話集会などで明言している。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月23日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。