裁量労働制の拡大含め今国会で成立目指す 政府

 菅義偉官房長官は22日の記者会見で、働き方改革に関し裁量労働制でのデータで新たに間違ったデータが出てきたことについて「政府の調査で、このような間違いが見つかったことは遺憾だ」と述べる一方で「今国会への提出、成立を目指す方針に変わりない」と語った。


 菅官房長官は「実態調査は約1万弱の事業所を対象に行ったもの。そのうち0.9%の事業場(87事業所で117件)で誤入力のある可能性が判明したとの報告を受けている。今後、厚労省において、伝票から分かる限り、しっかり分析するものと考えている」と述べた。


 この日開かれた衆院予算委員会でも野党側から根拠のないデータをもとに作成された働き方改革関連法案(裁量労働制の対象拡大・高度プロフェッショナル制度の創設を含む法案)の提出は見送るようにと求める声が相次いだ。


 加藤勝信厚労大臣は「労働政策審議会の結論を変えなければならないとは認識していない」などとし、今国会への法案提出で成立を目指す考えを改めて示した。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「裁量労働制の拡大含め今国会で成立目指す 政府」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    根拠のないデタラメ法案でも、数を頼みに強引に立法か。公明党はまた黙ってついていくのか?

    3
  • 匿名さん 通報

    早く決めないと安倍は自分の金づる大手と名の付く企業から見捨てられるからなりふり構わず強行採決とかやるだろうぜ。インチキデータ出したのも確信犯。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月23日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。