文氏「早期に米朝対話を」北の団長「用意ある」

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が訪韓中の北朝鮮の高官代表団に「早期に米国と対話するよう」米朝会談を促した。代表団団長の金英哲(キム・ヨンチョル)朝鮮労働党副委員長兼統一戦線部長は「対話する十分な用意がある」と答えた、という。聯合ニュースが25日夜、韓国青瓦台(大統領府)が伝えた話として報じた。


 それによると「文大統領と北朝鮮の代表団8人との会談は平昌で約1時間行われ、この席で文大統領は南北関係の改善と朝鮮半島問題の本質的な解決のために米朝対話が早期に実施されるべきだと促した」としている。


 これに金団長は「米国との対話について『十分な用意がある』と述べた」といい「双方は南北関係と米朝関係は共に発展すべきとの考えで一致した」とも伝えている。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「文氏「早期に米朝対話を」北の団長「用意ある」」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    極東の緊張緩和と北朝鮮の非核化。難しい課題だけどなんとかうまい着地点を見つけて欲しい。米国も今度は核査察を条件とせずに北鮮の要求を呑むような間抜けはしてくれるな。

    2
  • 匿名さん 通報

    米空母6隻が朝鮮半島に集結しつつあるので北チョンが泣きを入れ始めたにすぎない。もうアメリカは騙されない。

    0
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月27日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。