完全養殖マグロ、大手が参入

完全養殖マグロ、大手が参入

 クロマグロは、和食などで利用されることも多い高級食材のひとつだが、このクロマグロで問題視されているのが資源量の減少である。日本をはじめ多くの国々でクロマグロに対する「食料資源」としてのニーズが高まっていることが資源量の減少における大きな要因となっている。こうしたクロマグロの現状を受け、注目が集まっているのがクロマグロの養殖である。クロマグロの完全養殖は、2002年に近畿大学が世界で初めて成功させたことで話題となり、さらなる技術開発に期待が寄せられている。


 クロマグロの完全養殖とは、親魚の卵を人工的に孵化させて育てるという方式のこと。これまで養殖といえば天然の稚魚を育てるという手法が一般的なものだったが、この完全養殖の手法であれば天然の資源への影響が少ないという特徴がある。近畿大学の成功を受けて各企業もクロマグロの完全養殖をスタートさせ、マルハニチロ<1333>では2015年から養殖を行い現在は鹿児島県などに10ヶ所の養殖施設をもつ。


 このクロマグロの養殖については決して近畿大学の中だけで済むという話ではなく、ビジネスチャンスと判断した他の水産大手もクロマグロの完全養殖に乗り出している。大手水産業者のひとつである、日本水産<1332>もそんなクロマグロの完全養殖に臨む企業であり、クロマグロの養殖ではイワシやアジといった専用のエサを利用することで天然に近い状態を保ちつつ、ビタミンなどの栄養価やうまみ成分についても十分に補うことができるマグロを育てている。クロマグロといえば、水揚げされる場所や時期などによって品質にばらつきが出てくるが、養殖であれば時期を問わずある程度の品質を維持することができるという点も大きなメリットとなっている。日本水産の養殖マグロは2018年度で全国のスーパーでおよそ350トンの出荷を目標としている。

...続きを読む

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2018年3月14日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。