病院・診療所の病床数、減少傾向。~厚労省調査

病院・診療所の病床数、減少傾向。~厚労省調査
拡大する(全1枚)

 2025年に団塊の世代が全員75歳以上になる。現在でも高齢化の中で老人医療費は膨張している。より効率的な医療提供体制を構築していく必要がある。政府は高度医療に偏った病床の機能を再編するとともに、慢性疾患の高齢患者に対しては在宅医療を推進し医療費抑制をはかる考えだ。


 都道府県の「地域医療構想」では25年の必要病床数は17年次点の全国平均で11.6%の減少が推計され、なかには削減率30%を超す県もある。東京一局集中のなか、地方での人口の減少は著しい。人口当たりの基準から言えば必要病床数も大きく減少である。しかし地域医療の適正な配置を考えるとなかなか複雑なものもあり現場から困惑の声も聞かれる。


 厚生労働省は23日、「医療施設動態調査、18年1月末概数」を公表した。調査結果によれば、1病院、一般診療所および歯科診療所を合わせた医療施設数の総数は17万9029施設で17年12月と比べ142施設減少した。


 種類別に見ると、病院が8404施設で前月より3施設の減少、一般診療所が10万1837施設で前月より66施設の減少、両者の合計は11万238施設で前月より69施設の減少である。歯科診療所は6万8791施設で前月より73施設減少した。


 病床数の総数は165万3561床で前月より17床の増加。種類別に見ると、病院が155万5386床で前月より294床の増加。一般診療所は9万8111床で前月より277床の減少。両者を合計は165万3497床で前月より17床の増加となっている。歯科診療所は64床で前月から変化はない。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「病院・診療所の病床数、減少傾向。~厚労省調査」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    国連で有名になった、麻生太郎さんご出演の「姨捨山」方式しかね~んじゃね?

    1
この記事にコメントする

もっと読む

「選挙」に関する記事

「選挙」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「選挙」の記事

次に読みたい「選挙」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月28日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。