警備員など人手不足業種、シニアを積極採用

警備員など人手不足業種、シニアを積極採用

 3月30日に発表された有効求人倍率の直近データは2月分で1.51倍という高水準だ。中でも建設躯体工事の職業は10.46倍、警備員など保安の職業では8.15倍にもなっている。その他、サービスの職業も3.57倍と高水準で、この内接客・給士の職業は4.21倍の高さだ。


 この求人倍率の高さは新規求人数の対前月比が0.9%であるのに対し、新規求職者数のそれはマイナス7.1%という数字からもわかるように、景気回復を受けての求人数の増加よりも少子高齢化による求職者の減少が大きく影響しているのがわかる。


 日本産業は全体的に人手不足の状況にあるが、この人手不足をシニアの積極採用でカバーしようとする企業が増えてきているようだ。求人検索エンジン「スタンバイ」が同サイトに掲載されているパート・アルバイトの求人情報231万件をもとに「シニアパート・アルバイト積極採用企業ランキング(2018年2月)」を作成し発表した。


 ランキングを見ると、東日本でシニアを積極的に求人している企業は、1位がオリエンタル警備、4位はサンエス警備保障、9位にシンテイ警備、13位がMSKと15位までに警備会社が4社ランクインしている。2016年9月に調査した前回の結果では警備会社の東西上位15位までのランクインは2社だったという。これは厚労省の求人倍率のデータとも整合し、東京五輪関係の工事にラストスパートがかけられた昨年より警備関係の人手不足が深刻化したためと想像できる。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。