マクドナルドのブランド総合力が回復傾向か

マクドナルドのブランド総合力が回復傾向か
       

 日経BPコンサルティングがブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン 2018」の結果を公表した。業種別「ブランド総合力」ランキングでは、14年のいわゆるチキン事件以降不手際が続きブランドイメージが低下していた「マクドナルド」のブランド力に回復傾向が見られたようだ。


 業種別ランキングを見るとファストフード分野においてブランド総合力がトップなのは「モスバーガー」で、昨年に引き続き首位の座を維持した。2位は「無添くら寿司」で昨年の8位から躍進した。3位は「ケンタッキーフライドチキン」で、昨年の2位からランクダウン。4位が「マクドナルド」で昨年の7位から上昇し、ポイントでは昨年の62ポイントから今年の68.9ポイントと6.9ポイントの大幅な上昇を示している。マクドナルドは昨年2017年には最高収益を更新しており、これにともないブランドイメージも回復傾向にあることがうかがえる。


 他の業種のランキングを見ると、「自動車」では「トヨタ自動車」が、「運輸・物流」では「ヤマト運輸」、「コンビニエンスストア」では「セブンイレブン」、「スポーツ」では「NIKE」、「EC・通販」では「Amazon」、「家具・寝具」では「無印良品」、「クレジット・ポイントカード」では「Tカード」、「放送」では「YouTube」がそれぞれ昨年に引き続き首位を維持しており、唯一ランキングが変化した「情報」では「Google」が「YouTube」を抜きトップとなった。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。