福田事務次官辞任を了承、麻生大臣は続投

 菅義偉官房長官は24日の記者会見で、セクハラ疑惑が出ている財務省の福田淳一事務次官の辞任を同日の閣議で了承したと答えた。


 任命責任が問われている麻生太郎財務大臣は自身の辞任について「考えているわけではない」とし、菅官房長官も「国民から厳しい視線が注がれている財務省の陣頭に立って(麻生大臣には)信頼回復に努めてほしい」と麻生大臣続投の考えを強調した。世論の批判は一層強まりそうだ。


 記者会見で菅官房長官は「財務省事務方トップの事務次官が自身のセクハラ疑惑で辞職に至ったことは、はなはだ遺憾」とした。


 そのうえで「財務省で早急に事実関係を解明し、その結果に応じて適切な対応を取っていただくとともに、行政府に対する国民の信頼が得られるよう国家公務員が改めて職務を認識し、一層の緊張感をもって職務を遂行するよう徹底していきたい」と述べた。


 財務省の事務次官並びに国税庁長官が不在という異常な事態になっていることについては「大臣が適切に処理すると思う」と述べた。


 また、菅官房長官は「セクハラ疑惑の福田氏に対し、調査の結果、責任ありとなった場合には処分に相当する金額を退職金から差し引くことになっている。そのため、当面、退職金の支払いを留保する。その旨は麻生財務大臣から福田氏本人に伝達していると承知している」と説明。


 菅官房長官は「セクハラ疑惑の事実関係、決裁文書の改ざんについて全容が明らかになった段階で、再発防止を徹底したい」と述べた。(編集担当:森高龍二)
 

編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「麻生太郎」に関する記事

「麻生太郎」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「麻生太郎」の記事

次に読みたい「麻生太郎」の記事をもっと見る

政治ニュースランキング

政治ランキングをもっと見る
お買いものリンク