会社の飲み会。望ましい会費は2636円。実績は3779円

会社の飲み会。望ましい会費は2636円。実績は3779円

 職場での宴会離れが起きているという。特に若い世代で顕著だと言われている。これには時代の変化というものもあるだろう。日本社会は宴席社会と言われる。かつて、会社の宴会の費用は福利厚生費から支出されていた時代が長く続いた。


 バブル崩壊以降、特に1990年代後半に右肩上がりの経済が終焉するとともにそうした風習も徐々に少なくなっていった。賃金上昇が見込めないデフレ時代に育った若い世代にとって宴会の会費はそれなりの負担と感じるかも知れない。


 資金移動業のプリンが全国の会社員男女1200人を対象に会社の飲み会の会費に関する調査を実施した。幹事になった場合に会社の宴会の会費をいくらに設定するかという質問に対し、その回答の平均額は、部長以上の会費は1万6186円、一般社員の会費は2636円であった。


 幹事が一般社員の場合と部長以上の場合とを分けて集計すると、一般社員が幹事の場合の平均は、部長以上には1万5134円、一般社員には2580円であった。部長以上が幹事の場合は、部長以上の会費が1万8260円、一般社員は2685円であった。一般社員は部長以上の者に約6倍の負担を求め、部長以上はそれ以上を負担してもよいと考えているようだ。


 それでは実際はどうか。今まで参加した会社の飲み会で支払った会費の平均額を回答してもらったところ、全体での平均額は3906円という結果であった。役職別に見ると、部長以上での平均額は4309円、一般社員の平均額は3779円であった。理想の会費では部長以上の者と一般社員では6倍以上の差があったが実際にはその差は小さく、部長以上の者ほど理想からの乖離が大きく会費が少なくなっており、逆に一般社員では理想額より多くなっている。

...続きを読む

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2018年5月20日のライフスタイル記事
「会社の飲み会。望ましい会費は2636円。実績は3779円」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    宴会費が負担なんじゃない。つまらない話聞いてる時間がもったいないだけ。

    1
  • 匿名さん 通報

    年数回くらい会社が負担しようぜって思う

    1
  • 匿名さん 通報

    酒飲めないしタバコも吸わない。苦痛な思いをしてなぜ金を払わなければならないのか。だから行かない。

    1
  • 匿名さん 通報

    本当は話も合わないし、公私関係なく説教されるだけだから行きたくないけど、幹事だと欠席出来ないし店選びで更にダメ出しされるからもっと辛い

    1
  • 匿名さん 通報

    理想額と現実の差が大きい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。