梅雨時期の食中毒対策。除菌・殺菌など調理器具への対策を

梅雨時期の食中毒対策。除菌・殺菌など調理器具への対策を

 6日、気象庁は近畿、東海、関東甲信地方の梅雨入りを発表した。すでに西日本の地域では先月から今月にかけて順次、梅雨入りしている。梅雨から夏にかけては、気候が暖かく湿気が多くなるため、食中毒の主な原因である細菌の増殖が活発になる。家庭でも食中毒の防止に十分注意する必要がある。


 家庭用洗剤等を製造・販売するジョンソンが20~40代の働く主婦1000名を対象に「食中毒に対するアンケート調査」を実施し、その結果を発表した。


 梅雨時期に「作りおき」をした際に食中毒対策をしていると回答した者に対してその具体的な内容を尋ねた結果、「肉、魚、卵などを取り扱うときは、取り扱う前と後に必ず手指を洗う」が73.9%で最も多く、次いで「時間が経ちすぎたものは思い切って捨てる」が71.8%、「ちょっとでもあやしいと思ったら食べずに捨てる」が71.2%で、この3つが7割を超えて多かった。


 続いて、「生肉や魚などの汁が、果物やサラダなど生で食べるものや調理の済んだものにかからないようにする」66.3%と「包丁とまな板は、加熱しないで食べるものを先に調理する」54.7%が5割を超え多い結果となった。


 しかし、「使用後の調理器具は洗った後、毎回アルコール除菌剤をかけて除菌する」が9.9%、「使用後の調理器具は洗った後、毎回熱湯をかけて除菌する」は8.0%と、まな板・包丁・タッパー等の調理器具を除菌・殺菌しているという者は10%以下で、調理器具への対策はまだ十分に浸透していないのが現状のようである。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2018年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。