規制も週3回行けばすでにギャンブル依存症だ

 カジノを含むIR(統合型リゾート施設)実施法案が19日の衆院本会議で自民、公明など賛成多数で可決し、衆院を通過した。審議の場は参院に移る。


 政府・自民党らは今国会の会期を延長し、残業代ゼロ法案と揶揄され、問題が指摘されている「高度プロフェッショナル制度」を含む働き方改革関連法案などの成立を目指す方針だ。


 「民間賭博」を解禁しギャンブルを成長戦略に据えることへの批判、疑問、ギャンブル依存症やギャンブルが原因の自己破産など、懸念の声に確かな答えをださないまま、数の力で押し切られることになりそう。


 IR法案では(1)日本と国内居住外国人が施設に入場する際、6000円を徴収する(2)入場できるのは週3回かつ28日間で10回までとする(3)新設行政機関「カジノ管理委員会」が事業者を選定し、管理するなどの条件を設けている。


 カジノ法案の問題を指摘する江田憲司衆院議員(無所属の会)はブログで詳しく問題点を指摘している。


 例えば「入場できるのは週3回かつ28日間で10回までとする」との規定についても「週3回も行く人はすでにギャンブル依存症でしょう」。


 また我が国はすでにギャンブル依存症患者(成人に占める比率)がフランス(1.2%)、イタリア(0.4%)、ドイツ(0.2%)に比べても「3.6%」と高いことも挙げた。パチンコ依存症が多いようだ。


 また施設入場料6000円についても「依存症患者は入場料を高くしても、それ以上、元をとれば良いと考えるので『マイナス6000円』から賭けを始めるだけの話。それを取り返そうとのめりこむ危険さえある」と警鐘を鳴らす。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「規制も週3回行けばすでにギャンブル依存症だ」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    パチンコはどうすんだよ、パチンコは。

    1
  • 匿名さん 通報

    禁煙してタバコ目的のパチンコは止め、それ以来は損をする競馬・競輪・ボートなどのギャンブルは一切せず。だからカジノに行く気にならない。だが、サイコロではなく強い者が勝つ勝負事は根っから好きである。

    0
  • 匿名さん 通報

    カジノの出入りの記録が国に残るのだから負けが込んで自己破産しても生活保護の申請は10年受け付けるな!博打は付加価値を生まない!博打で身を亡ぼすのは国民じゃなくてこの国だ!

    0
この記事にコメントする

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年6月20日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。