妻の夫の仕事への不満が離婚に繋がる? その理由とは

妻の夫の仕事への不満が離婚に繋がる? その理由とは
拡大する(全1枚)

 リスクモンスターは、インターネットを利用し全国規模で20~49歳の既婚者女性個人600人を対象に行った「離婚したくなる亭主の仕事」調査結果を発表した。


 まず、夫の仕事に対する不満があるかと聞いたところ「不満がある」(回答率49.0%)が「不満はない」(同51.0%)を若干下回る結果となった。「不満がある」と回答した内訳を年齢別でみると「20代」(同53.5%)が最も高く、次いで「30代」(同52.0%)、「40代」(同41.5%)の順となり、40代においては半数を割っている。次に夫の年収別に不満の有無を集計したところ「300万円以上400万円未満」(回答率62.3%)が最も不満が高く、次いで「400万円以上500万円未満」(同55.2%)、「500万円以上600万円未満」(同53.8%)と、年収600万円未満の層において不満が過半数を超えた。夫の仕事に対する妻の不満は、年収400万円未満の低所得層と年収1,500万円以上の高所得層の家庭において高く、中間所得層の家庭において不満が低いことがうかがえる結果となった。


 近年、離婚に関して「3組に1組が離婚している」、「2分に1組が離婚している」などと言われ、離婚率の上昇が注目されている。今回の調査結果において、夫の仕事に対して妻の約半数は不満をもっていることがわかり、そして妻の3人に1人が夫に転職して欲しいと思っており、10人に1人は夫の仕事が原因で離婚したいと思っていることが明らかになった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク