女性の高齢者人口、2000万人を突破。高齢就業率は主要国で最高

女性の高齢者人口、2000万人を突破。高齢就業率は主要国で最高

 老人福祉法によって9月15日は老人の日と定められている。現在では祝日法によって9月の第3月曜日が敬老の日として国民の祝日となっている。全国の自治体では9月全体を敬老月間などとして様々なイベントが行われている。


 16日、総務省統計局は「敬老の日」に関連し「統計からみた我が国の65歳以上の高齢者のすがた」について取りまとめ、これを公表した。


 65歳以上の高齢者の人口は2018年9月15日現在で3557万人、前年と比較すると44万人の増加となっている。男女別にみると、男性は1545万人、女性は2012万人で女性の高齢者人口が初めて2000万人を超えた。高齢者では女性が男性より467万人多い。総人口に占める高齢者人口の割合は28.1%で、前年の27.7%より0.4ポイント増加し過去最高となった。


 70歳以上の高齢者人口は2618万人で総人口の20.7%となり初めて20%を超えた。これは団塊の世代70歳に達し始めたことによるものと厚労省では分析している。


 高齢者の就業者数は14年連続で増加し続け17年には807万人と過去最多を記録している。就業率を男女別に見ると、男性が31.8%、女性が16.3%で男女共に6年連続で増加し続けている。15歳以上の就業者総数に占める高齢者の割合は12.4%と過去最高となった。資料にある1989年から30年にわたり男女ともに上昇傾向で推移しており、特に12年以降は上昇傾向が高まっている。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2018年10月3日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。