国会議員の護憲批判「天につばするもの」吉川氏

 自民党の下村博文憲法改正推進本部長の北海道での党会合の発言が野党から再び批判を受けている。下村氏は今月8日、札幌市内での講演で「世界から見ると『護憲』ということ自体が思考停止」などと述べ「もっと良い国をつくろうとしていない」などと発言した。


 社会民主党の吉川はじめ幹事長は12日までに下村氏の発言に対し「憲法99条で『憲法尊重擁護義務』が課せられている国会議員が、護憲を批判することは、天につばするものにほかならない」とした。そのうえで下村発言は『自民党のネガティブキャンペーン』との認識を示した。


 また、吉川幹事長は「下村氏は『より良いものに改正しようと思ってもらえる流れを来年はつくっていけるようにしたい』と発言し『良い国』にするためには改憲しかないとでも言いたいようである」と指摘。


 自民が目指す4項目について(1)世界中で戦争できる自衛隊を憲法に位置づけ(2)緊急事態に政府に全権を白紙委任し(3)教育への国家統制を強めるなど「立憲主義・民主主義・平和主義を踏みにじるもので「現状を悪くしようとする改憲に反対するのは当然」と抗議談話を発表した。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 自民党 安倍晋三
  2. 自民党 小池百合子
  3. 自民党 憲法改正
エコノミックニュースの記事をもっと見る 2018年12月13日の政治記事
「国会議員の護憲批判「天につばするもの」吉川氏」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    「もっと良い国」を作るならまず、憲法の理念を実現してください。憲法25条なんて死文化しているじゃないですか。これぞ政治の怠慢。改憲を口にする前にやるべき立法が残っている。

    8
  • 匿名さん 通報

    戦争やりたくてやりたくて、しょうがねえんだな糞安倍イン○野郎は(怒)早くジジイのところ逝け!

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事

「自民党 + 選挙」のおすすめ記事をもっと見る

「自民党 + 小池百合子」のおすすめ記事

「自民党 + 小池百合子」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野党」のニュース

次に読みたい関連記事「野党」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。