人手不足下での人員削減。リストラ企業、史上最少も業種によりバラツキ

人手不足下での人員削減。リストラ企業、史上最少も業種によりバラツキ

 現在、日本経済は政府の基調判断によると回復局面とされ、いわゆる景気が良い状態だ。実際、各種統計を見ると良好な数値を示している。中でも有効求人倍率は直近の2018年11月の数字で1.63倍と1970年代なみの高い水準を維持し続けている。もはや日本は深刻な人手不足の状態にあるというのは常識だ。しかし、細かに業種別の数字を見ると業種、職種によってバラツキもみられる。


 日本全体としては景気が良いのであるからリストラを行う企業も減っている。リストラとは本来は人員削減を示す言葉ではなく事業の再編成を意味する言葉だが、日本では人員削減を表す言葉として定着している。日本で人員削減をする場合、解雇という手続きはなかなか難しい。そこで日本企業の多くはいわゆるリストラを早期退職者の募集という形で行う場合が多い。


 15日、東京商工リサーチが2018年の「主な上場企業の希望・早期退職者募集状況」の調査結果を公表している。調査結果を見ると予想どおりリストラ企業の数は減っているようだ。


 2018年中に「希望・早期退職者募集」を行った主な上場企業の数は12社で、前年の25社から半減し、00年以降で最少だった16年の18社をさらに下回り史上最少を更新した。近年のリストラは主にリーマンショックの影響によるもので、ショック直後の09年には191社までに達したが、その後円安等の影響を受け業績が好転し、13年から減少傾向で推移してきた。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年1月28日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。