職権、職権、職権、話し合いはなし 国会運営

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は7日の衆院予算委員会の理事懇談会が野田聖子委員長(自民)の職権で立てられていることに強く抗議した。逢坂議員は「すべて職権、職権、職権」と語り「話し合いも何もまったくない」と与党の国会運営の強引ななり方を非難。


 また安倍晋三総理が北方領土を語る際、「日本固有の領土」とするこれまでの表現を避け「主権を有する島々」とトーンダウンした表現をしていることについても逢坂議員は「外務省に『島々とはいったい何を指すのか』と聞いたら『答えられません』と言う。これほどまでに国家基盤が揺らいでいる。とんでもない状況だ」と提起した。


 また賃金構造統計の不正に関し、担当していた大西康之政策統括官を大臣官房付に突然異動させ、口封じを図ったことも念頭に、政府・与党の対応について「民主主義の根本が腐っている」と危機感をつのらせ「この状況を何としても打破しなければいけない」とした。


 そのうえで、逢坂議員は「日本の統計制度は総務省がグリップしていることになっているが、グリップが効いているとは思えない」と述べ、これも踏まえて問題に取り組む考えを示した。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年2月8日の政治記事
「職権、職権、職権、話し合いはなし 国会運営」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    安倍は北方領土を「日本固有の領土」と認めない戦後最初の首相となった。これが戦後政治の総決算か。自主独立をかなぐりすてる売国路線ということだな。米国の言いなり、ロシアには領土譲渡。

    5
  • 匿名さん 通報

    安倍は「日ロ平和条約を結んだ首相」という名前が残るなら、北方4島だけでなく北海道の一部だってロシアに献上するだろう。自分の事しか考えない最低の人間。

    2
  • 匿名さん 通報

    自民党が得意とする国会戦略だな!暖簾に腕押し!国民には自民党がいなければ我が国は中国に飲み込まれると過剰に脅し、陰に日向に利権を貪ると言う構図が一部期間を除き未だに続いている。

    1
  • 匿名さん 通報

    仏、日経報道を全面否定 ルノー・日産の出資比率巡り/ロイター←日経新聞も政府に都合の良い報道しか、しなくなったな!

    1
  • 匿名さん 通報

    この際もう日本人は住んでない北方領土を放棄する代わりに沖ノ鳥島や竹島などを追認させて後ろ盾にした方が良さそうな気もする。どうせ返す気ないだろ。ならせめて何か見返り貰わないと。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「辻元清美」のニュース

次に読みたい関連記事「辻元清美」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「長妻昭」のニュース

次に読みたい関連記事「長妻昭」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「枝野幸男」のニュース

次に読みたい関連記事「枝野幸男」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。