災害による停電を経験4割超。エネルギーミックスで安定供給を

災害による停電を経験4割超。エネルギーミックスで安定供給を

 昨年9月に起こった北海道胆振東部地震では北海道全体が停電するというブラックアウトが発生した。また、10月には九州電力による再生可能エネルギーの出力制限があり、天候や気象の状態が電力の供給に大きな影響を与えることが明らかとなって、にわかに電力の安定供給の問題に人々の関心が集まるようになった。


 12日、トレンド総研が20~50代男女500名を対象に1月に実施した「電力の需要と供給に関する意識・実態調査」の結果を公表している。これまでに「予期しない停電」を経験したことがある者は55%存在し、このうち震災・台風・落雷などの自然災害で停電を経験したことがあると回答した者は82%となっている。予期しない停電は自然災害によるものが大半のようである。


 また、「2018年度は災害が多い年だったと思う」と答えた者は94%で、「2018年度は災害による停電のニュースが多い年だったと思う」と回答した者は79%と約8割にのぼり、気象条件と電力供給の問題を認知している者は多いようである。一方で「電気は需給バランスが崩れると広域停電が発生する可能性がある」ことを知っていた者は54%にとどまっており、近年の電力供給のトラブルがどのような背景を持つかは十分には認識していないようだ。


 電力は常に需要と供給を一致させ配給する必要がある。需給ギャップが極端になると周波数制御が不可能となるからだ。九州電力による再生エネ出力制限は、近年の太陽光発電の増加が背景にある。電力需要が減る秋に晴れの日が多かったために生じた太陽光発電の供給過剰が原因だ。再エネ発電は天候に左右され出力調整が難しい。これを有効活用するためには電力供給システムの柔軟性を高める必要がある。この方策として提唱されているのが「エネルギーミックス」という考え方である。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年2月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。