加速する、自動車の電動化。航続距離延長のカギを握るパワー半導体

加速する、自動車の電動化。航続距離延長のカギを握るパワー半導体

 自動車の電動化が世界規模で加速している。イギリスやフランスではすでに、2040年以降のガソリン車の新規販売を禁止とする方針を打ち出しており、日本でも経済産業省が2018年4月に経済産業大臣主催の「自動車新時代戦略会議」を設置、同8月に取りまとめた中間整理では、2050年までに世界で供給する日本車のxEV(電気自動車、プラグイン・ハイブリッド自動車、ハイブリッド自動車、燃料電池自動車)化を進める方針を掲げている。


 自動車ファンの間では純粋なガソリン車が少なくなることを悲しむ声もあるが、すでに国内での新車販売台数の約 30%が xEVとなっており、日本は世界でも電動化の進んでいる国の 1 つといわれていることからも、この流れは止められないだろう。ましてや 日本はxEVの制度環境やインフラ整備にも早くから取り組んでおり、電池をはじめとする電動化に関する技術レベルにおいても世界をリードしている。燃料面だけでなく、自動運転技術やコネクテッドカーなどの登場によっても電動化技術の需要は高まっており、車載向け電子部品業界の発展と共に、自動車大国日本の復活にも期待がかかる。
 
 しかし、普及と期待が膨らむ反面、まだまだ解決すべき課題も山積している。


 その一つが「航続距離」だ。xEVは税金面での優遇や燃費(電費)の節約など、ユーザーにも多くのメリットがあり、しかも静かで環境にも優しいが、車はあくまで生活を便利にするための「道具」だ。一回の充電で走れる距離が短ければ、間接的な負担は大きくなってしまう。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年3月9日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。