就職氷河期世代への対応の必要性を強調、総理

 安倍晋三総理は27日の経済財政諮問会議で1993年から2005年に社会に出た「就職氷河期世代」への対応が極めて重要だと強調し「社会の担い手として活躍していただけるよう、経済界を含め広く関係者と連携しながら、国を挙げて力強く支援していく必要がある。関係府省は本格的な支援に向けて早急に検討を進めてください」と指示した。


 総理は「我が国の成長・発展を支える原動力は人だ」とし「人的資本の形成・蓄積を加速するとともに、人材を有効に活用していくことが重要。諮問会議において未来投資会議や総合科学技術・イノベーション会議としっかり連携しながら検討を進め、本年の骨太方針に位置付けてほしい」と述べた。


 一方、この日の会議では民間議員から「裁量労働制の枠の拡大をもう一度進めてもらいたい」との意見や「リカレント教育、人材投資、健康投資をした企業に対して、法人税の減額などの支援を行ってもらえると生産性向上が図れる」など、一層の法人税減税策を求める声もあった、という。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「就職氷河期世代への対応の必要性を強調、総理」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    首相はテレビ撮りされている会議冒頭で「国を挙げて」とか「力強く」とか発言するのが好き。何となく「仕事している感」を出せるから。国民の欺き方はゲッペルス並み。

    0
この記事にコメントする

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年3月29日の政治記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。