領土教育、道徳教育、教諭は心して対応を

領土教育、道徳教育、教諭は心して対応を

 安倍政権下で「防衛」「原発」「福祉」「教育」に大きな変化が起こっているが、将来に危うさを特に覚えるのが小学教育での「道徳教育」「領土教育」だ。


 来年4月から小学校で使用される教科書。すべての発行会社が『政府見解に沿う』形で「北方領土」「竹島」「尖閣諸島」は『日本固有の領土』と表記した。


 教科書検定意見では「竹島は『日本の領土』でありながら」との表記に意見が出され「竹島は『日本固有の領土』でありながら」に教科書会社が修正。尖閣については「中国が領有を主張している」との表記に「尖閣諸島の支配の現況を誤解する恐れがある」とされ『領土問題は存在しません』と両国間に領土問題が存在しないことを強調する表記を加える修正が教科書会社で行われた。


 領土問題は難しい。右も左もわからない小学5年、6年の児童に『日本固有の領土』とどのように教えるのか。いずれも相手国があり、相手国の言い分を踏まえた教育こそ国際感覚を身につける教育には必要だろう。現場で教壇に立つ教諭がどのように子どもたちに難しい領土問題を教えていくのだろうか。大変さを察する。


 ロシア外務省報道官は小学校教科書検定の結果に早くも反応し「プロパガンダだ」と非難していることが報じられた。子どもたちは学校で韓国、中国、ロシアの主張を知り、日本の主張を知り、そのうえで「固有の領土」と受け取ることになるのか。


 政府が特定の方向に「固有の領土」として、子どもたちに「刷り込んでしまう」教育にならないか。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年4月7日のライフスタイル記事
「領土教育、道徳教育、教諭は心して対応を」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    奪われた領土を自分の領土だといって何が危険なのか。中学生だって、この筆者の思考の方が国民の生命財産を危うくすると思うよ。結局、安倍さんが嫌いなだけだろう。嫌なら、選挙で勝って見せろ。それが民主主義。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。