幸せって何だっけ? 今、企業でも注目され始めた「幸せ」研究

幸せって何だっけ? 今、企業でも注目され始めた「幸せ」研究

 内閣府のシンクタンクである経済社会総合研究所で「幸福度研究」というものが行われていることをご存じだろうか。実証結果をみてみると「所得の上昇が人々の幸福度を改善するには限界がある」ことや「日本では年齢とともに幸福度が低下する」「結婚や配偶者の存在は幸福度を引き上げる」など、なかなか興味深い。


 もちろん、幸せの尺度は人それぞれだ。ある人にとっては幸せに感じることでも、別の人にとってはそれほど幸せと感じないこともある。しかし、幸せを研究することは日本を豊かにすることに繋がるのではないだろうか。


 実は、経済社会総合研究所のような公的な機関だけでなく、幸せに関する研究は民間企業でも注目され始めている。


 例えば、住宅メーカー大手の積水ハウスは、2018年8月に企業として日本初となる「幸せ」を研究する「住生活研究所」を開所した。ここでは住宅の機能面の改善だけではなく「健康」や「家族のつながり」などの暮らしにおける「幸福感」を追求するテーマに取り組んでいるという。


 同研究所では研究結果から、家族団らんの場所であるリビングの設計が「幸福感」を高める重要なポイントであると考え、先進技術によって実現した仕切りの少ない大空間リビングを中心とした「ファミリー スイート」という暮らし方提案を行っている。従来のLDKの発想にとらわれず、家族それぞれが思い思いに暮らせて、且つお互いの気配を感じながら心地よい距離感でつながることができる空間提案は顧客にも好評で、昨年10月からの同社の主力住宅商品 「イズ・ロイエ ファミリー スイート」の発売以来、約3割の顧客が「ファミリー スイート」を採用したという。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年4月21日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。