コスメ・化粧品業界でSNSマーケティングが加速している理由は?

コスメ・化粧品業界でSNSマーケティングが加速している理由は?

 「口コミ」は消費者にとっての大きな情報源であると共に、店舗や企業などの生産者にとっては重要な宣伝ツールだ。とくにインターネットやSNSの普及に伴って、その役割はどんどん肥大している。最近では、テレビや新聞、雑誌などではなく、SNSで情報収集しているという人の方が多いのではないだろうか。


 30代以上のシニア層がFacebookやブログなどで日記や食事関連の情報を公開することが多い一方、10代から20代後半の若い世代では、買った商品やおすすめの商品をInstagramや Twitter 、LINE などに投稿して友人知人と情報を共有しようする傾向が高いようだ。とくに若い女性ユーザーは化粧品への関心が高く、SNSに投稿したり見たりするだけでなく、YouTubeやInstagramで公開されているスキンケア動画やメイク動画をこまめにチェックしている人も多い。


 企業のWebマーケティングもここ数年で大きく変わってきた。これまでは、SEOや検索と連動したWeb広告を中心とした方法が主流だった。もちろん、需要に対してピンポイントにアプローチできるこの手法は現在でも充分有効で、企業が最も力を入れているWebマーケティングではある。しかし、ユーザーの検索や志向が出発点となるため、潜在的な顧客は発掘しにくく、どうしても受動的になってしまう。


 一方、SNSの場合は公式アカウントに加え、ユーザー間でシェアされるので、今まで興味の無かった人にまで情報が届く。しかも、知人や友人からの「口コミ」効果で企業のブランドパワーを強めたり、商品の好感度を上げることにもつながるのだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年4月28日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュース

次に読みたい関連記事「フェイスブック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュース

次に読みたい関連記事「ツイッター」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。