日本の総人口は減る一方。8年連続で人口減少

日本の総人口は減る一方。8年連続で人口減少
       

 日本の総人口は2010年頃から減少の一途をたどっている。総務省統計局発表の「総人口の推移」のグラフは8年連続で右肩下がりを示している。19年も期待はできない。人口が減ることで考えられるのは社会保険制度の崩壊、教育産業や教育制度自体の衰退、労働人口の減少、などが考えられる。


 よく言われるのは「年金制度」を代表する社会保険制度の崩壊だ。高齢者人口と現役世代の割合が1:1に近づくことを「肩車型」社会という。高齢者世代1人を現役世代1人で支える必要があるということだ。1965年には「胴上げ型」、2012年には「騎馬戦型」と、65歳以上1人に対する現役世代の割合は次第にバランスを欠いてきているが、2040年にはさらに高齢者に対する給付と現役世代の負担がこれまでよりもさらにアンバランスになると予想される。


 少子高齢化が進むことによる子供向け教育産業の衰退も進むだろう。内閣府が夫婦を対象に調査した「子どもを持つことを理想とする理由」として、02年の段階では「子どもは老後の支えになる」「子どもは国の将来の発展によって必要」という回答が全体の30%を占めるも、前述の通り10年から18年までは減少しているのだ。国を支える人員として子どもの必要性を感じながらも、子どもが少なくなればこれまで難関と言われていた大学などでも定員割れが起こる可能性があり、学校教育や教育関連産業が衰退するだろう。


 さらに、「労働力人口」が減れば、国内市場の縮小が考えられる。市場が縮小すれば、投資先としての魅力がなくなり、国内だけでなく世界規模で日本という市場が衰退する。もちろん市場の立て直しを図るためには、労働力不足を補う必要がある。日本国内だけで労働力を補おうとすれば、労働の長時間化が進み、ワーク・ライフ・バランスの乱れが起きる。


当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「日本の総人口は減る一方。8年連続で人口減少」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    何十年もの間、結婚するな子どもをつくるな、と言わんばかりの政策を幾つも実施しておきながら、今更人口減少だのと騒ぐのは滑稽でしかない。少子化対策なんて言っても、その大半は効果ゼロだし。

    2
  • 匿名さん 通報

    半世紀以上にわたって小中高の学校現場は子供たちを性から引き離すような教育ばかり施してきたもんな

    0
この記事にコメントする

もっと読む

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年5月9日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。