大学等修学支援法が可決、2020年4月入学生から授業料減免など

大学等修学支援法が可決、2020年4月入学生から授業料減免など

 低所得者世帯を対象に大学など高等教育を無償化する大学等修学支援法が10日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。この法律は、低所得世帯の学生に対し、大学などの入学金・授業料を減免するほか、給付型奨学金を拡充し、進学を支援するのが目的だ。


 大学授業料などの無償化は2020年4月からスタートする予定だ。財源は10月に引き上げする消費税をあてる。


 今回の教育費無償化は安倍政権が掲げている「全世代型社会保障」の一環で、政府自民党は、この夏の参院選に向けて成果を強調する。採決にあたって野党のうち国民民主党と日本維新の会が賛成し、立憲民主党共産党は反対した。


 文部科学省によれば、今回の大学無償化法は、低所得者世帯を対象に大学などの授業料減免と、返済が不要な給付型奨学金の拡充を実施する。支援対象は年収の目安が380万円未満の世帯の学生で、授業料の減免や給付の水準には親の年収に応じて差を設ける。


 なお、支援対象者について、文科省は「進学前は成績だけで否定的な判断をせず、レポートなどで本人の学習意欲を確認」するよう求めている。


 この支援策は、すべての高等教育機関が対象になるわけではなく、支援措置の対象となるには文科省による「確認」が必要で、「実務経験のある教員による授業科目の配置」といった要件があるほか、経営に課題を抱える法人が運営する教育機関は対象外とする方針だ。対象となる教育機関を19年夏以降に文科省はHPで公表する計画だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 アベノミクス
  2. 安倍晋三 ドナルド・トランプ
  3. 安倍晋三 ロシア
エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年5月16日の政治記事
「大学等修学支援法が可決、2020年4月入学生から授業料減免など」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    給付型の奨学金は必要ないんじゃない?現金渡しちゃうと授業料以外の事に使えちゃうわけだし、授業料免除とあっても教材購入時のみしか使えない交換券みたいなのにした方がいいと思う。

    2
  • 匿名さん 通報

    「対象者について、文科省は「進学前は成績だけで否定的な判断をせず、レポートなどで本人の学習意欲を確認」するよう求めている。」ここがミソだよなぁ。成績が悪くても裁量で認可出来るなら不正出来ちゃうじゃん

    1
  • 匿名さん 通報

    免除されて、晴れて卒業したら、日本の為に一生懸命働き、人一倍納税出来る日本人になって下さい。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + ドナルド・トランプ」のおすすめ記事

「安倍晋三 + ドナルド・トランプ」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュース

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。