丸山氏への議員辞職勧告決議案 6党会派が提出

 北方4島を巡る問題で「戦争しないとどうしようもなくないですか」など北方4島ビザなし交流の訪問団に参加した際、訪問団長に憲法の原則にも反する発言をした丸山穂高衆院議員に対する「議員辞職勧告決議案」が17日、6党会派により衆議院に共同提出された。


 提出したのは立憲民主、国民民主、日本共産、日本維新、社民、社会保障を立て直す国民会議。理由には「我が国国是の『平和主義』に反し、国際問題にも発展しかねない可能性もあり、国益を大きく損ねた暴言。国会全体の権威と品位を著しく汚した事実は拭い難い」と指摘している。


 丸山議員は所属していた日本維新の会から除名処分を受けているが、日本維新の会の松井一郎代表は「国会議員として、重責の自覚は絶えず持つべき。(丸山議員の発言が)一線を越えているのは間違いない。本来、自身ですぐに責任を取るべき(議員辞職すべき)」と除名処分にした日に語っていた。また「政治家であれば自ら(辞職の)判断をすべきだと思う」と重ねて議員辞職するよう求めていた。辞職勧告決議案に自民党公明党がどういう対応をするのかも注目される。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年5月19日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小沢一郎」のニュース

次に読みたい関連記事「小沢一郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「古賀誠」のニュース

次に読みたい関連記事「古賀誠」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「逢坂誠二」のニュース

次に読みたい関連記事「逢坂誠二」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。