消費者向け電子商取引が急拡大。中国からの越境EC拡大

消費者向け電子商取引が急拡大。中国からの越境EC拡大

 日本は既に人口減少社会だ。人口が減少すると言うことは消費者の数も減少するということを意味する。実際に様々な業種で顧客の緩やかな減少が問題視されている。駅前商店街がシャッター商店街などと呼ばれ始めたのは随分昔の話だが、実店舗での顧客の減少は著しいものがある。


 インターネットやスマホの普及によって多くの商店が顧客をECサイトに奪われていることは周知の事実だ。しかし、ECサイトでの購入、つまり電子商取引の普及は悪いことばかりではない。人口減少によって国内の顧客は減少する一方であるが、またEC購入の増大は海外に住む消費者を自店の顧客として引き込むことも出来る。


 5月16日、経済産業省が「電子商取引に関する市場調査」の結果を公表している。この報告書は、日本の電子商取引市場の実態及び日米中3か国間の越境電子商取引の市場動向について調査したものだ。


 報告書によれば、2018年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)の市場規模は18.0兆円で前年16.5兆円と比較すると8.96%の増加と取引規模を拡大している。分野別にみると、物販系分野の対前年増加率は8.12%、サービス系分野が同11.59%となっており、この2分野が市場の牽引役となっている。


 スマートフォンで用いるオークションアプリであるフリマアプリの市場規模は6392億円と前年比32.2%増加で急増しており、このアプリが初めて登場した12年からたった6年で巨大な市場に成長している。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年5月31日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。