外食産業 客数減少、客単価増加で売上はわずかに上昇

外食産業 客数減少、客単価増加で売上はわずかに上昇

 政府統計によれば昨年より消費態度は悪化の傾向で推移している。先日発表された観光庁の国内旅行統計の推移を見ても減速感が強くなっている。しかし消費額を客単価で見るとわずかながら増加傾向だ。秋の消費税増税の影響もあり、節約ムードが強くなっている中で外出頻度は減少傾向のようだが、消費者は消費の質は落とさず、一回当たりの消費額は減らさないというのが最近の傾向のようだ。


 これは外食にも同様の傾向が出てきているようである。また消費税の軽減税率の混乱もあり外食への消費者態度も外食回数の抑制の方向で変化を見せ始めている。


 日本フードサービス協会が4月の外食産業市場の動向について調査し、その結果を5月27日に公表している。この4月は東日本を中心に気温が上昇せず気候が芳しくなかったこともあり、客足にマイナスの影響を与えたようで客数は全体的に前年を下回った。しかし、季節メニューの投入や価格の改定等により客単価が上昇、全体としては売上額の前年比は101.7%と32カ月連続して前年を上回っている。


 業態別に見ると、「ファーストフード」では、売上は102.7%と前年を上回った。「洋風」がランチメニューや期間限定メニュー等の好調で客単価が上昇し売上は103.4%と上昇。「和風」では季節に合わせた新メニュー、割引や定食メニューの好調などで客単価が上昇し売上は104.9%。「麺類」は価格改定による単価上昇で売上は101.6%の上昇となっている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 観光 東京
エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月4日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「観光 + 東京」のおすすめ記事

「観光 + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら