チームトヨタ、WRCポルトガル戦優勝、ドライバー選手権首位に2ポイントに迫る

チームトヨタ、WRCポルトガル戦優勝、ドライバー選手権首位に2ポイントに迫る

 2019年世界ラリー選手権(WRC)第7戦ラリー・ポルトガルの競技最終日が6月2日に行なわれ、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのオィット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ組(ヤリスWRC 8号車)が優勝した。


 また、前日のデイリタイアから、ラリー2規定に基づき再出走を果たしたヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(10号車)は、総合7位で完走した。なお、総合2位につけていたクリス・ミーク/セブ・マーシャル組(5号車)は、最終ステージでリタイアとなり、完走を逃した。


 ラリー・ポルトガルの最終日は、サービスパークが置かれたマトジニョスの東北エリアで5本、計51.77kmのステージがドライコンディションのグラベル(未舗装路)で行なわれた。タナックは、総合2位のミーク(5号車)に対し4.3秒のリードを持って最終日をスタートしたが、オープニングのSS16でミークがベストタイムを記録。これにより、差は2.4秒まで縮めた。しかし、続くSS17、SS18で連続ベストタイムを刻み、リードを8.1秒に拡大。その後2本の3番手タイムでリードを最後まで守り抜き、今シーズン3勝目を飾りました。また、ボーナスポイントがかかる最終のパワーステージで3番手タイムとなったことで、ボーナスの3ポイントを獲得。その結果、ドライバー/コ・ドライバー選手権における首位との差は、僅か2ポイントに縮まった。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月5日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。