憲政初の糾弾決議にも丸山議員「任期全う」表明

 北方4島を巡り「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと戦争により取り戻すほかないような旨の発言や外出禁止になっている宿舎から外出しようとし、国会議員として著しく品格を疑う発言をしたなどから丸山穂高衆院議員(日本維新の会が除名処分)に「国会議員の資格はない」として、直ちに進退を判断するよう求める『糾弾決議案』が、6日の衆院本会議で、全会一致で可決した。


 糾弾決議では「わが国の国益を大きく損ない、本院の権威と品位を著しく失墜させたと言わざるを得ず、院として『国会議員としての資格はない』と断ぜざるを得ない」としている。


 衆院議運委員会で野党側筆頭理事・立憲民主党の手塚仁雄衆院議員は「衆院として『国会議員の資格はない』と憲政史上始めて糾弾した。(全会一致で可決されたことを)本人(丸山議員)は重く受け止めるべき」と真摯に受け止めたうえでの対応を求めた。


 日本共産党の志位和夫委員長は「事実上の議員辞職勧告決議」であり「速やかに辞職をすることを求めたい」と辞職を促した。


 今回の糾弾決議に対し、丸山衆院議員はツイッターに「ただちに自ら進退について判断を。仔細は議運への提出文書の通り」と書き込み、おまけに「行蔵(こうぞう)は我に存し毀誉(きよ)は他人の主張にて」と自身の行いは自身の信念によるもので、けなしたり、ほめたりするのは人の勝手、わたしは関与しないとする旨の勝海舟の言葉を引用して書き込んだ。


 国会で糾弾決議されても、とやかく言われる筋合いはないというようにも受けとれる引用で、進退についても「その任期を全うし前に進んでまいります」と辞職の考えが全くないことを再び発信した。このツイッターからは国民に対する説明責任を果たす姿勢もまったくうかがえない。


 ツイッターを見た国民の間からは「こんなツイッターを書き込めるぐらいなら、国民の前に出てきて、きっちり説明すべきだ。議員はやめるべきだ」との怒りの声も。ただ、こうした国民の声も丸山議員には聞こえないよう。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月7日の政治記事
「憲政初の糾弾決議にも丸山議員「任期全う」表明」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    こんな人間に投票した人はリコールしないのかな?しなければその選挙区の投票者は丸山議員を支持している証だ。馴れ合いになっている全国会議員に鉄鎚を下すのは国民しかない!

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小沢一郎」のニュース

次に読みたい関連記事「小沢一郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「逢坂誠二」のニュース

次に読みたい関連記事「逢坂誠二」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「細川護煕」のニュース

次に読みたい関連記事「細川護煕」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。