トヨタとSUBARU、EV専用プラットフォームで協働、電動SUV発売に踏み出す

トヨタとSUBARU、EV専用プラットフォームで協働、電動SUV発売に踏み出す

 トヨタ自動車SUBARUはEV専用プラットフォーム開発で協働し、中・大型乗用車向けのC・DセグメントクラスのSUVモデルのEVを共同で開発することに合意した。両社が公式にリリースで発表した。SUBARUは、従来独自開発を中心に進めてきたEV開発を、今回の合意に伴い、共同開発へシフトさせる。これにより、技術・開発・調達などで効率化を図るとともに、魅力的なEV開発を目指す。


 なお、両社は、共同で開発した電動SUVを、それぞれのブランドで販売する予定だ。また、これらのプラットフォームおよび車両の共同開発においては、トヨタがサプライヤーなどと取り組んでいる電動化技術とSUBARUが長年培ってきたAWD(全輪駆動)技術を活用するなど、両社の持つ技術の強みを持ち寄ることで、魅力あるEVづくりにチャレンジしていくとしている。


 自動車業界はコネクティッドや自動運転、シェアリング、電動化などの側面で新技術開発に伴う変革期にあり、「CASE」と呼ばれる新しい領域への対応など、これまで以上に幅広い領域で、スピード感を持った技術開発が求められている。


 今回の2社の合意は、これまでの両社が深化させてきた協業のなかでも、対応が急がれるCASE領域の「E」の部分、つまり電動化(Electric)についての新たな協業に合意したということだ。


 EV商品化においては大容量電池を開発・搭載が必須であり、普及に際しては異次元の電池供給量が求められる。同時に、これまでのアプローチとは違った販売手法が必要となる。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月9日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュース

次に読みたい関連記事「トヨタ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュース

次に読みたい関連記事「マツダ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュース

次に読みたい関連記事「ホンダ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。