報告書受けとらない「前代未聞」と玉木代表

 政府与党にとって不都合な省庁審議会の報告書は受け取らない。受け取らなければ「報告書はないので審議の必要もないし、審議できない」。


 こんな乱暴な対応をした政府・与党は、かつてなかったのでは・・・。国民民主党の玉木雄一郎代表は「報告書を受けとらないのは前代未聞」と強く批判した。


 審議会やワーキンググループの審議が時の政府や与党の意向にそった答申や報告書しか出せなくなれば、審議会の報告書さえ国民は信用できなくなる事態を招くことになりかねない。政府・与党の対応に国民から批判の声があがっている。


 そんななか、自民党の森山裕国対委員長は老後、年金収入のみなら30年で2000万円不足するとの報告書をまとめた金融庁金融審議会の報告書について、予算委員会で集中審議するよう野党が求めるも「報告書はもうない。予算委員会になじまない」などと要求に応じない姿勢を示した。


 自民党の二階俊博幹事長は12日までに、報告書の内容に不満を示したうえで「参院選挙を控えており、党として候補者に迷惑をかけないよう注意していかなければならない」などと如実に選挙に不利になると意識した対応を隠そうともしなかった。


 立憲民主党の蓮舫副代表は12日、参院予算委理事懇後、記者団の問いに「(自民党は)参議院予算委員会の集中審議は開かないという宣言をされた。つまり安倍総理隠し、そういう宣言だった」と述べ「開いた口が……という状態」と表現。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月13日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュース

次に読みたい関連記事「岡田克也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小泉進次郎」のニュース

次に読みたい関連記事「小泉進次郎」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「細川護煕」のニュース

次に読みたい関連記事「細川護煕」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。