2千万円報告「政策遂行の参考にせず」閣議決定

 政府立憲民主党の中谷一馬衆院議員が年金収入のみの夫婦(夫65歳、妻60歳)が30年暮らすには約2000万円が必要だとした金融庁金融審議会ワーキンググループの報告書に対し、2000万円を貯める必要性や貯蓄方法などを質した質問主意書に対し、政府は「報告書は政府の政策スタンスとも異なり」「正式な報告書として受け取らないことを決定している」などを理由に「報告書を前提にしたお尋ねについて答えることは差し控えたい」と、回答を拒否する答弁を閣議決定した。なんと閣議決定した答弁書には「(報告書を)政策遂行の参考にはしない」とまで明記している。


 日本共産党の志位和夫委員長はツイッターで「答弁拒否=審議拒否を『閣議決定』するとは。前代未聞のあきれた対応だ」と審議会の報告書にまともに向き合わない政府の対応を批判。そのうえで「不都合な事実を隠しても、問題は少しも解決せず、国民の不信は高まるばかりだ」と現実を踏まえた対応をしていくべきだと強く提起している。


 19日には党首討論が行われるが、この問題に関しては一貫して「報告書は政府の政策スタンスとも異なる」もので「正式な報告書として受け取っていない」「政策遂行の参考にしない」などを理由に、この報告書を根拠に議論はできない、と安倍総理自民総裁)は回答を拒否し続けるとみられる。国民への説明責任を果たすと言えるのだろうか。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月20日の政治記事
「2千万円報告「政策遂行の参考にせず」閣議決定」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    要するに報告書の内容を否定できる材料は持ち合わせていないということ。「都合の悪い資料は国会で審議しません」では国会の意味がない。税金泥棒。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。