75歳以上の医療費自己負担を原則2割にと建議

 財政制度等審議会(会長・榊原定征東レ特別顧問、前日本経済団体連合会会長)は19日「令和時代の財政の在り方に関する建議」で、75歳以上の後期高齢者について、医療費の自己負担を「原則2割にすべき」とした。


 審議会は「年齢でなく能力に応じた負担」をとし「世代間の公平性や制度の持続可能性を確保する観点から、できるだけ速やかにすべき」としている。


 審議会は「現在70歳から74歳について段階的に実施してきた自己負担割合2割への引上げと同様に、75歳に到達した後も、自己負担を2割のままとすることに加えて、既に後期高齢者となっている者についても、数年かけて段階的に2割負担に引き上げるべきである」と建議。


 また「金融資産の保有状況も勘案して負担能力を判定する制度の具体的な設計の検討や後期高齢者医療制度における『現役並み所得』の判定基準の見直しなどに取り組む必要がある」とした。


 建議では「支え手の中核を担う勤労世代が減少し、負担能力が低下するなかで、改革に関する国民的理解を形成する観点から保険給付率(保険料・公費負担)と患者負担率のバランス等を定期的に『見える化』しつつ、診療報酬とともに保険料・公費負担、患者負担について総合的な対応を検討していくべき」と検討を求めた。(編集担当:森高龍二)

あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月23日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。