国内銀行、不良債権状況、改善傾向。「貸倒引当金」が3倍増加

国内銀行、不良債権状況、改善傾向。「貸倒引当金」が3倍増加

 地方銀行は人口減少や企業の資金需要の減少等によって貸出先を減少させている。これに対して地銀は個人向け不動産融資の貸出シェアを増やして貸出実績の増加を図ってきた。しかし、人口減少の中で賃貸住宅の供給過剰が生じ、空き室率の増大など不良債権化の兆候が高まってきた。


 こうした経緯の中、17年には金融庁が「方針」の中で地方金融機関を中心とする銀行貸出の不良債権化の懸念を表明、これに呼応して銀行は個人向け不動産融資の審査態度を硬化させるなど不良債権化の懸念を払拭するよう努力してきている。


 7日、東京商工リサーチが国内111銀行(2019年3月期単独決算)の「リスク管理債権状況」調査の結果を発表している。国内111銀行の2019年3月期の不良債権を意味する「リスク管理債権」は6兆4459億円で、前年同期と比べ0.2%と僅かながら減少した。これは14年3月期以降、6年連続での減少で3月期としては過去最低となっている。


 前年同期を上回った銀行の数は、大手行7行のうち3行、地方銀行64行で30行、第二地銀40行の13行と合計46行で前年同期の14行の3.2倍と銀行の数では増加となった。


 「貸倒引当金」の積み増しでは、大手行で2行、地方銀行が36行、第二地銀19行の計57行となり、前年20行の2.8倍とやはり増加している。リスク管理債権の総額は減少している一方で、貸倒引当金の積み増し銀行が増加していることは銀行間で不良債権状況に格差が生じていることを暗示し、今後の銀行の取引先への支援がどう展開するか注意が必要だ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2019年6月26日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「住宅」のニュース

次に読みたい関連記事「住宅」のニュースをもっと見る

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。